読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MBA男子の勝手に読書ログ

グロービス経営大学院を卒業したMBA生の書評と雑感。MBA講座と歩む読書生活。講座関連の書籍、講師お薦め本などを紹介。経営に関する基本書、実務書のほか、金融、経済、歴史、人間力、マネジメント力、コミュニケーション力、コーチング、自己啓発本、ビジネススキルなど、幅広い教養を身につけ、人間性を磨く観点で選書しています。

ザ・会社改造(三枝匡)

『ザ・会社改造』(三枝匡)(〇) 前ミスミ社長の著者は、『V字回復の経営』『戦略プロフェッショナル』『戦略プロフェッショナル』の企業再生3部作が有名ですが、本書は、2002年にミスミにCEOとして招聘されてからの、ミスミの会社改造を描いた一冊です…

ローカル企業復活のリアル・ノウハウ(冨山和彦)

『ローカル企業復活のリアル・ノウハウ』(冨山和彦)(〇) 「ローカル経済圏は改善余地の宝庫である」。数々の地方企業の再生を手掛けてきた著者のノウハウが詰まった本書。姉妹本『経営分析のリアル・ノウハウ』『ビジネスプランニングのリアル・ノウハウ…

厳選!受講期間中に読みたい私のお薦め本(2015年12月末時点)

『厳選!受講期間中に読みたいお薦め書籍』(2015年12月末時点) 「授業前に読んだほうがいいお薦め本は?」とのご質問を頂いた際に、お薦めしている厳選書籍です。半年ぶりに更新いたしました。 (☆=最初の1冊としてお薦め) 【クリティカルシンキング】 …

P&G式「勝つために戦う」戦略(A・G・ラフリー、ロジャー・L・マーティン)

『P&G式「勝つために戦う」戦略』 (A・G・ラフリー、ロジャー・L・マーティン)(〇)<2回目> ストラテジック・リオーガニゼーション(SRO)のDay5がP&Gのケースでしたので、復習のために読んでみました。 本書は、ラフリー氏とビジネススクー…

グッチの戦略(長沢信也ほか)

『グッチの戦略』(長沢信也ほか)(〇) ストラテジック・リオーガニゼーション(SRO)のDay4がグッチのケースだったので、復習として読んでみました。 (未受講の方はネタバレになるので、受講後に読んだほうがいいです) ルイ・ヴィトンに次ぐ世界第2位…

ゴーン・テキスト(カルロス・ゴーン)

『ゴーン・テキスト』(カルロス・ゴーン) ストラテジック・リオーガニゼーション(SRO)Day3で日産のケースを学んだので、復習に読んでみました(ゴーンさんシリーズを読み漁ってみました。100ページちょっとなので、すぐに読めます)。 2006年に発刊さ…

ルネッサンス(カルロス・ゴーン)

『ルネッサンス』(カルロス・ゴーン)(〇) 少し前に読んだ、『カルロス・ゴーン経営を語る』の姉妹版のような内容(2001年出版)。ストラテジック・リオーガニゼーション(SRO)Day3で取り組んだケースの復習として読んでみました。90年代後半、日産の再…

カルロス・ゴーン経営を語る(カルロス・ゴーンほか)

『カルロス・ゴーン経営を語る』(カルロス・ゴーンほか)(〇) ストラテジック・リオーガニゼーション(SRO)で日産自動車の再生のケースを学んだため、復習として読んでみました。 ※授業後に、授業で学んだケースの関連書籍を読むと、当時の状況や経営者…

V字回復の経営(三枝匡)

『V字回復の経営』(三枝匡)<3回目>(〇) 言わずと知れた事業再生の名著。 ストラテジック・リオーガニゼーション(SRO)の受講にあたり、参考図書として読み返しました。 主人公の黒岩莞太が関連会社の立て直しのため、事業部長として出向し、事業を…