MBA男子の勝手に読書ログ

グロービス経営大学院を卒業したMBA生の書評と雑感。MBA講座と歩む読書生活。講座関連の書籍、講師お薦め本などを紹介。経営に関する基本書、実務書のほか、金融、経済、歴史、人間力、マネジメント力、コミュニケーション力、コーチング、カウンセリング、自己啓発本、ビジネススキルなど、幅広い教養を身につけ、人間性を磨く観点で選書しています。

LEAN IN(シェエリル・サンドバーグ)

『LEAN IN』(シェエリル・サンドバーグ)。フェイスブックCOOの方が書かれた書籍で、受講生友がFBで紹介されていましたので、読んでみました。

 単に、出産や子育ての時期だけの話ではない。女性が仕事でリーダーを目指すには、就職するずっと前から、先入観(ステレオタイプ、バイアス)として社会の見る目や期待に接しているうちにリーダーへの意欲が削られていくというあたり、これまで意識が薄かった。

 仕事に対する社会の先入観をマラソンに例えて、ゴール(リーダーになる)までの長い道のりの途中でくじけそうなときに、観衆は男性ランナーには「頑張れ!もう少し!」と後押しするが、女性ランナーには「そんなに無理するな」という声をかけ続けるというのは印象的。

 仕事の関係もあって、これまでもある程度勉強する機会はあったのですが、本書は、さらに考えさせられる問題提起が多く、しかもかなり深い。
 男性では気づかない女性の心情に触れることができ、今後のマネジメントを考えていく中で必ず活きてくる場面があるはず。

 帯のマーク・ザッカーバグのコメントに「とりわけ男性に読んでもらいたい」とありましたが、まさにそのとおり
 この問題は、女性だけでなく、男性の両方の理解がないと先に進まない。 現在のマネジメント層の大半は男性なのだから…

 少し時間をおいて、もう一度必ず読もう!

f:id:mbabooks:20140213132516j:plain