MBA男子の勝手に読書ログ

グロービス経営大学院を卒業したMBA生の書評と雑感。MBA講座と歩む読書生活。講座関連の書籍、講師お薦め本などを紹介。経営に関する基本書、実務書のほか、金融、経済、歴史、人間力、マネジメント力、コミュニケーション力、コーチング、カウンセリング、自己啓発本、ビジネススキルなど、幅広い教養を身につけ、人間性を磨く観点で選書しています。

経営者の条件(ドラッカー)

 

名著『経営者の条件』(ドラッカー)。約50年前の作品ですが、今も変わらない原理原則が書かれている。読むのは、今回で3回目。
 
1回目は、入社4年目。
「取引先の経営者はどういうことを考えているのか?」という視点で。
2回目は、約5年前。管理職直前で準備のために。
3回目の今回は、たまには原理原則に立ち返ろうということで。

稲盛さんの人生・仕事の法則を私なりに分解した
〇人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力
=①考え方×(②努力×③志)×(④知識×⑤知識の活用力)
のまさに、「①考え方」を磨く教科書です。

ポイントは多すぎて書ききれませんが、いずれもすぐに使える考え方。
特に、第4章「人の強みを生かす」、第6~7章「意思決定」は共感できる私の好きな章。

経営者に限らず、将来管理職を目指す若い人にも参考になるはず。
  

f:id:mbabooks:20160410211905j:plain