MBA男子の勝手に読書ログ

グロービス経営大学院を卒業したMBA生の書評と雑感。MBA講座と歩む読書生活。講座関連の書籍、講師お薦め本などを紹介。経営に関する基本書、実務書のほか、金融、経済、歴史、人間力、マネジメント力、コミュニケーション力、コーチング、カウンセリング、自己啓発本、ビジネススキルなど、幅広い教養を身につけ、人間性を磨く観点で選書しています。

ざっくり分かるファイナンス(石野雄一)

 『ざっくり分かるファイナンス』(石野雄一)(〇)

 4月期のファイナンス基礎に向けて自主トレ開始。

 本書は、タイトルどおり、ざっくり書かれています。ファイナンスとアカウンティングの違いから順を追って書かれていますので、初学者には入りやすい本だなと思いました。かといって、易しすぎず、中盤以降は基本を踏まえて、会社の値段や投資判断など、ファイナンスらしい考え方も書かれています。

 ファイナンスは、実は金融業界の中でも法人融資の世界では、あまり使わないんですよね。金融の勉強や、中小企業診断士やFPの資格勉強の時以来の勉強なので、ちょっと懐かしい感じです。

 カネ系は苦手意識のある方が多いですが、そんな方は、分かっている人に聞いてイメージをつかむのが一番!

 独学で行くなら、用語や計算式よりもグラフや図からイメージをつかむと良いです。まずは、ざっくりと何を考えようとしているのかをつかんでみる。

 体が馴染んできたら、次第に深い世界へ!

 私は、企業買収の判断軸を自分なりに持つことが当面の目標です。

f:id:mbabooks:20140317213318j:plain