MBA男子の勝手に読書ログ

グロービス経営大学院を卒業したMBA生の書評と雑感。MBA講座と歩む読書生活。講座関連の書籍、講師お薦め本などを紹介。経営に関する基本書、実務書のほか、金融、経済、歴史、人間力、マネジメント力、コミュニケーション力、コーチング、カウンセリング、自己啓発本、ビジネススキルなど、幅広い教養を身につけ、人間性を磨く観点で選書しています。

仕事でいちばん大切な人を好きになる力(岩瀬大輔)

 『仕事でいちばん大切な人を好きになる力』(岩瀬大輔

 「あすか会議」(グロービス経営大学院のビジネスカンファレンス)に登壇される岩瀬大輔さんの書籍を読んでみました。

 東大卒、ハーバード大学大学院を上位5%で卒業、30歳で出口治明さんと組んでライフネット生命を設立。現在38歳。なんて、輝かしい‥。

 本書は、人との向き合い方、考え方について、姿勢を正させてもらえる内容です。それにしてもスゴイ方だ。

 

(本書で印象に残ったところ)

〇良好な人間関係は、いつも自分発の「好き」で始まる

 相手から声をかけてもらうのを待つのではない

〇友達をつくるシンプルな原則

 ①友達の数は「好き」の数と比例する

 ②自分を「好き」になってくれる人を「嫌い」になるのは難しい

 ③仕事とプライベートを「人」で分けない

〇「感謝の気持ち」と「尊敬の念」

〇「愛することは、おしゃべりすること」

 ・共通の話題を見つける

 ・たくさんの質問をぶつける

 ・自分のことを話す

褒め言葉を出し惜しみしない

〇「自分」「もう一人の自分」「第三の自分」

 ・自分の言動を冷静に見つめる、「もう一人の自分」

 ・「もう一人の自分」の判断が間違っていないかどうかチェックする「第三の自分」

 

 これらの言葉を眺めると、できているときもあれば、できていないことが大半だったりする。分かっていても、できないことはたくさんある。私が、人として磨いていかなければならないことは山ほどあると、あらためて思いました。

 「あすか会議」では、岩瀬大輔さん×松永貴志さん(ピアニスト)の分科会に申し込みましたが、当選していますように(^^)。

f:id:mbabooks:20140616175934j:plain