MBA男子の勝手に読書ログ

グロービス経営大学院を卒業したMBA生の書評と雑感。MBA講座と歩む読書生活。講座関連の書籍、講師お薦め本などを紹介。経営に関する基本書、実務書のほか、金融、経済、歴史、人間力、マネジメント力、コミュニケーション力、コーチング、カウンセリング、自己啓発本、ビジネススキルなど、幅広い教養を身につけ、人間性を磨く観点で選書しています。

巨大な夢をかなえる方法(ジェフ・ベゾス、ライー・ペイジ、シェリル・サンドバーグほか)

 『巨大な夢をかなえる方法』(ジェフ・ベゾス、ライー・ペイジ、シェリル・サンドバーグほか)

 本書は、ビジネス、芸術、教育の各分野で、世界のトップで活躍する12名の卒業式講演を集めたスピーチ集です。過去10年間に行われた講演の中から「最高のスピーチ」と評価されているものが収録され、10~20分の短い時間に叡智が凝縮されたとても濃い内容です。

 

(印象に残った言葉‥本書より)

ジェフ・ベゾスAmazon創業者:2010年ブリンストン大学)

 「才能」と「選択」の違い。「賢さ」は才能ですが、「優しさ」は選択するもの。才能を使うのは簡単だが、選択するのは難しい。気を付けないと自分の才能に溺れてしまうこともある。そうなると才能が、正しい選択をする妨げになりかねない。結局のところ、私たちの「選択」こそが私達自身を形づくっていく。

 

ラリー・ペイジGoogle創業者:2009年ミシガン大学)

 あまりにも大きすぎる夢のほうが実現しやすい。壮大な夢を実現しようとする人たちの世界は、そんなに競争が激しくない。常に大きなことに挑戦したいと思うのが一流の人間。私たちは世界を変えるために何をすればいいのでしょうか?一言でいえば、「楽ではないけれどワクワクすること」に挑戦すること。

 

ジェリー・ヤン(Yahoo!創業者:2009年ハワイ大学

 自分の枠から出てください。世界に飛び出してください。見知った土地ではなく、未踏の地に足跡を残してください。哲学者の聖アウグスティヌスは、著書にこう記している。「世界は一冊の本である。旅に出ない人は、最初の1ページ目しか読んでいない」

 

〇ディック・コストロ(Twitter CEO:2013年ミシガン大学)

 私が何年も昔に劇団で学んだこと。一つ目は、大胆に考えて勇気ある決断をしてください。二つ目は、次にどんな台詞を言えばいいか、次に何をやらなくてはいけないか、と未来を心配し過ぎないでください。人生に台本はありません。今この瞬間を生きてください。この瞬間を生きてください。

 

〇ジャック・マー(アリババグループ創業者:2013年香港科技大学)

 何かを始めようとするとき、「すでに成功している人」よりも、「成功したいと思っている」人に声をかけたほうがずっとうまくいく。人は何かを達成するためではなく、何かを経験するためにある。失敗を避けるのに一番良い方法は、「最も成功しているときに、それまでのやり方を変えること」。屋根を直すとしたら、日が照っているうちに限る。

 

シェリル・サンドバーグFacebook COO:2011年バーナード大学)

 リーダーシップは、リーダーになりたいと思う人に備わるもの。女性がキャリアを築いていくうえで、最も重要な選択とは何か。それは、パートナーの選択。女性は、「たった一度の大きな決断」でキャリアをあきらめるのではない。「小さな決断」を何度も下した結果、最終的に過程を優先するという結論に至る。

 

〇チャールズ・マンガー(バークシャー・ハサウェイ副会長:2007年南カリフォルニア大学ロースクール

 もし、世の中に伝えるべきものが見つかったら、できる限り、それを形にして広めてください。「とてつもなく大きな概念」さえ知っておけば、あらゆる物事の95%を理解することができる。

 

 上記のほかにも、メリル・ストリープ(俳優)、トム・ハンクス(俳優)、イーロン・マスクテスラモーターズ創業者)、マーティン・スコセッシ(映画監督)、サンマル・カーン(カーンアカデミー創設者)のスピーチが掲載されています。

 大学の卒業式という場で贈る言葉であり、未来に向かって動機づけがされていることが気持ちを後押ししてくれて、読んでいて気持ちいい気分になります。

 また、10~20分のスピーチなので、コンパクトに凝縮されているのもよいところです。この時間の中に自身の体験を織り交ぜ、聴き手に伝えていく、スピーチライティング力も素晴らしいものがあります。やはり、世界の一流の人たちはスゴイ。

f:id:mbabooks:20150325004301j:plain