MBA男子の勝手に読書ログ

グロービス経営大学院を卒業したMBA生の書評と雑感。MBA講座と歩む読書生活。講座関連の書籍、講師お薦め本などを紹介。経営に関する基本書、実務書のほか、金融、経済、歴史、人間力、マネジメント力、コミュニケーション力、コーチング、カウンセリング、自己啓発本、ビジネススキルなど、幅広い教養を身につけ、人間性を磨く観点で選書しています。

徳川家康(4)(山岡荘八)

 『徳川家康(4)』(山岡荘八)(3回目)(〇)

 全26巻。3度目の挑戦。
 今回は、リーダーとしての徳川家康を意識して読んでいます。 ...

 

(第4巻の見どころ‥小説なので詳細は割愛します)
・岡崎を地盤に順調に勢力を拡大する順調反面、妻との関係は徐々に不仲に・・

 

(備忘‥年表のみ。年齢は数え年)

・1562年正月(20歳):終わり清州に赴き、織田信長と盟約を結ぶ

・1563年3月(21歳):嫡子竹千代(信康)と織田信長の娘徳姫が婚約

・1563年秋(21歳):三河一向一揆→信頼していた民の反乱にショックを受ける

・1566年12月(25歳):徳川に改姓(徳川家康

・1567年5月(25歳):嫡子信康、織田信長の娘徳姫を娶る

f:id:mbabooks:20150709225851j:plain