読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MBA男子の勝手に読書ログ

グロービス経営大学院を卒業したMBA生の書評と雑感。MBA講座と歩む読書生活。講座関連の書籍、講師お薦め本などを紹介。経営に関する基本書、実務書のほか、金融、経済、歴史、人間力、マネジメント力、コミュニケーション力、コーチング、自己啓発本、ビジネススキルなど、幅広い教養を身につけ、人間性を磨く観点で選書しています。

イノベーション・オブ・ライフ(クレイトン・M・クリステンセン)

講師お薦め本 私のお勧め本

イノベーション・オブ・ライフ』(クレイトン・M・クリステンセン)(〇)<3回目>

 

 複数の講師の方が良書と太鼓判を押す本書。ハーバード・ビジネススクールMBAを取得する生徒に向けた最終講義。これでもかと言うほど勉強をして、知識を身につけた人がこれからの人生を歩むにあたって心に留めておくべき大切なこと。豊かな人生を送るために欠かせないことを考えさせられる、メッセージ色の強い1冊です。

 

(印象に残ったところ‥本書より)

〇優先事項とは、要はあなたが意思決定を行うとき、判断のよりどころとする中核的な基準。私たち一人ひとりを動かすものは何か。それをまず理解しないことには、幸せについて有意義な話し合いなどできない。

 

〇動機づけ理論は、普段自分に問いかけないような問題について考えよと、私たちを諭している。この仕事は、自分にとって意味があるだろうか?成長する機会を与えてくれるだろうか?何か新しいことを学べるだろうか?誰かに評価され何かを成し遂げる機会を与えてくれるだろうか?責任を任されるだろうか?これらがあなたを本当の意味で動機づける要因だ。

 

〇達成動機の高い人達は、仕事でこうなりたいと思う自分になることに没頭して、家庭でなりたい自分になることを疎かにしがちだ。立派な子供を育て、伴侶との愛を深めること時間と労力をかけても、成功したという確証が得られるのは、何年も先のことだ。その結果、キャリアに投資するあまり、家族には十分な投資をしなくなる。そうして人生の大切な部分から、花開くために必要な資源機会を奪っているのだ。家族との強力な関係、友人との親密な関係を築くことに最も力を入れる必要があるのは、一見その必要がないように思われるときなのだ。

 

〇時間と労力の投資を、必要性に気付くまで後回しにしていたら、おそらくもう手遅れだろう。キャリアを軌道に乗せようというときには、人間関係への投資は後回しに出来ると、思いたくもなる。それではいけない。大切な人との関係に実りをもたらすには、それが必要になるずっと前から投資をするしか方法はないのだ。

 

〇妻のためを思ってどんなに尽くしても、妻が片付けようとしている用事に目を向けない限り、夫婦の関係に幸せを求めようとする取り組みは挫折し、混乱するだけだ。片付けるべき用事のレンズを通して結婚生活を見れば、お互いに対して最も誠実な夫婦とは、お互いが片付けなくてはならない用事を理解した二人であり、その仕事を確実に、そしてうまく片付けている二人だと分かる。これに対して離婚は、自分の求めるものを相手が与えてくれるかどうかという観点から、結婚生活をとらえていることに、原因の一端があることが多い。

 

〇生活の多くをアウトソーシングし過ぎると、それよりずっと大事なものが危険にさらされる。それは私たちの価値感だ。教訓は、子供たちは学ぶ準備ができたときに学ぶのであって、私たちが教える準備ができたときに学ぶわけではない。

 

〇100%守るほうが98%守るよりたやすい。一度でも超えることを自分に許せば、次からは歯止めが利かなくなる。何を信条とするかを決め、それを常に守ろう。

 

 原題「How Will You Measure Your Life?」。人生を評価するものさしは何か?という問い。訳者あとがきに、「優秀であるがゆえに失敗してしまう既存企業と同じで、才能にあふれた、達成動機の強い若者たちが、優秀であるがゆえに不幸な人生を歩んでしまう~教授はそんな同級生や教え子を、数え切れないほど見てきた。この人生のジレンマを乗り越える手助けをするために、本書は書かれた」と、紹介されています。

 知識・自身・思い(志)という武器は諸刃の剣。身に付けた人が、どのような価値観をもって、考え、行動するのか。そこが問われる内容でした。

 何度読んでも良い本です。

イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ

イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ

  • 作者: クレイトン・M・クリステンセン,ジェームズ・アルワース,カレン・ディロン,櫻井祐子
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2012/12/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 9人 クリック: 51回
  • この商品を含むブログ (16件) を見る
 

 f:id:mbabooks:20160613080041j:plain