MBA男子の勝手に読書ログ

グロービス経営大学院を卒業したMBA生の書評と雑感。MBA講座と歩む読書生活。講座関連の書籍、講師お薦め本などを紹介。経営に関する基本書、実務書のほか、金融、経済、歴史、人間力、マネジメント力、コミュニケーション力、コーチング、カウンセリング、自己啓発本、ビジネススキルなど、幅広い教養を身につけ、人間性を磨く観点で選書しています。

ローマ人の物語ⅩⅣ(塩野七生)

ローマ人の物語ⅩⅣ』(塩野七生)(〇)

 第十四巻「キリスト教の勝利」は、337~397年までの期間を、コンスタンティウス帝、ユリアヌス帝、司教アンブロシウスの3名を中心にまとめられています。

 313年に公布された「ミラノ勅令」。蛮族侵入への対処が国家的課題となり、帝国統治の手段として、他の諸々の宗教同様にキリスト教を公認。以後、実質的にキリスト教優遇への道をひた走ることとなったローマ。ユリアヌス帝時代に一時キリスト教優遇を排したが、392年テオドシウス帝時代についに国教になる。政治と宗教の関係にフォーカスがあたる時代です。

 

(第十四巻のポイント‥本書より)...
〇主な年表
・337年:コンスタンティヌス病死。コンスタンティヌス2世、コンスタンティウス、コンスタンスがそれぞれ「アウグストゥス」に就任。

・346年:コンスタンティウス、キリスト教への免税範囲を教会関係者にまで広げる。

・361年:コンスタンティウス死去。後継者にユリアヌス指名。

・363年:ユリアヌス死去。皇帝護衛隊長ヨヴィアヌス、皇帝に選ばれる。

・364年:ヨヴィアヌス死去。ゲルマン民族出身の将軍ヴァレンティニアヌス、皇帝に選ばれる。

・375年:ヴァレンティニアヌス死去。帝国東方はヴァレンスが、西方はグラティアヌスがそれぞれ統治。

・378年:西方正帝グラティアヌス、テオドシウスを招聘し東方正帝に任命。

・380年:グラティアヌスとテオドシウス、キリスト教以外の異教排撃に本格的に乗り出す。

・383年:テオドシウス、この年から実質的に帝国全土を統治する。

・393年:オリンピアの競技会廃止。

・395年:テオドシウス病死。長男アルカディウスは東方を、次男ホノリウスは製法を統治することに決まる。以後、東西分裂が決定的となる。

・397年:アンブロシウス死去。

ローマ人の物語 (14) キリストの勝利

ローマ人の物語 (14) キリストの勝利

 

 f:id:mbabooks:20160712210020j:plain