読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MBA男子の勝手に読書ログ

グロービス経営大学院を卒業したMBA生の書評と雑感。MBA講座と歩む読書生活。講座関連の書籍、講師お薦め本などを紹介。経営に関する基本書、実務書のほか、金融、経済、歴史、人間力、マネジメント力、コミュニケーション力、コーチング、カウンセリング、自己啓発本、ビジネススキルなど、幅広い教養を身につけ、人間性を磨く観点で選書しています。

P&G式「勝つために戦う」戦略(A・Gラフリー他)

『P&G式「勝つために戦う」戦略』(A・Gラフリー、ロジャー・L・マーティン)(〇)

 経営戦略・マーケティングの勉強中だったこともあり、とても参考になった一冊。P&Gの会長とビジネススクールの学部長の共著ということもあり、教科書のようで教科書でなく、単なる企業事例でもない内容。あっという間に線だらけでした…。
 ヒット商品連発企業の考え方や戦略が垣間見れて、最後まで興味津々で読めました。

(印象に残ったところ)
〇戦略とは次の5つの相関する問いへの答え
 ①どんな勝利を望んでいるか(アスピレーションは何か
 ②どこで戦うか(ドメイン
 ③どうやって勝つか(戦術)
 ④どんな能力が必要か(資源)
 ⑤どんな経営システムが必要か(企業を動かす仕組み)
 
 どの商品の戦略においても、この5つの問いが貫かれており、ブレない企業方針と着実に実行される推進力が印象に残りました(反省を込めた失敗談も記載されている点も良いです)。

 しばらく時間をおいて、2回目読むこと間違いなしです

f:id:mbabooks:20140221102441j:plain