読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MBA男子の勝手に読書ログ

グロービス経営大学院を卒業したMBA生の書評と雑感。MBA講座と歩む読書生活。講座関連の書籍、講師お薦め本などを紹介。経営に関する基本書、実務書のほか、金融、経済、歴史、人間力、マネジメント力、コミュニケーション力、コーチング、カウンセリング、自己啓発本、ビジネススキルなど、幅広い教養を身につけ、人間性を磨く観点で選書しています。

潜在意識を変えれば、すべてうまくいく(アレクサンダー・ロイド博士)

『潜在意識を変えれば、すべてうまくいく』(アレクサンダー・ロイド博士)

 ほぼすべての問題、幸せや成功が達成できない状態は、内面の恐怖が原因になっている。本書で紹介されている原則は、昔からあるものかもしれませんが、それを最先端の科学でその原則の鍾銘をしているところに新しさがあります。

「意志の力を超える」「普通を超える」「恐怖を超える」「自分を取り巻く環境を超える」「希望と夢を超える」、そんな超越した人生を生きることを目指した一冊です。

 

(印象に残ったところ‥本書より)

〇97%失敗する3つのステップ

①欲しいものに意識を集中する

②それを手に入れる計画を立てる

③計画を行動に移す

⇒人は何かを期待すると結果がはっきりするまでは慢性的なストレスを抱えるようになる。潜在意識がブロックしているある結果を、意志の力を使って無理やり引き起こそう等するとストレスが急激に大きくなる。

 

〇「究極の成功目標」を決める

■質問1:「あなたが今、他の何よりも欲しいものは何だろう?」

 真っ先に頭に浮かんだことをそのまま答える。もし正しく答えられなかったら、人生で一番欲しいものを手に入れるのは難しいだろう。

■質問2:「質問1で答えた「何よりも欲しいもの」が手に入ったら、自分はどうなるだろう?人生はどう変わるだろう?」

■質問3:「何よりも欲しいものを手に入れ、質問2で創造した通りの結果になったら、どんな気分になるだろうか?」

 

〇苦痛と快楽のプログラミング

・人間にとって最も根源的な本能は、快楽を求め、苦痛を避けること

⇒意志の力が役に立たないことを教えてくれるだけではない。人生で成功したいなら、外側の状況を追い求めるのは間違っているということの証明にもなっている。

・一番欲しいものは何かと考えたとき、まず外側の状況が思い浮かぶ人は、間違いなく恐怖がベースの生存本能に支配されている。

・人生で一番の目標が内面の状態なら次のようなことが期待できる。

1)いつでも目標を達成できる、2)一度達成すればもう誰にも奪われない、一度達成すれば必ず完全に満ち足りた気持ちになれる、4)内面の状態を一番の目標にすると欲しいと思っている外側の状況もボーナスとして手に入る。

 

〇「偉大なる原則」を活用して本当に欲しいものを手に入れる

・ストレス反応を引き起こすようなことと正反対のことをする

・意志の力で手に入れようとしている何らかの外側の状況があるなら、それを諦めること。その代わりに、愛と喜びと平安で満たされた内面を手に入れることを目標にする。

・何をするにしても、内面が愛の状態でなければならず、目の前の瞬間に集中しなければならない。

 

〇「偉大なる原則」を活用する「三つのツール」

①エネルギー療法:エネルギーのパターンを変える肉体のため

・ハートのポジション、おでこのポジション、頭頂部のポジション

 ⇒手を当てて1分間~3分間そのままでいるか、または手を重ねたまま円を描くように回す

1)最初に自分を悩ませている問題を一つ選び、問題の大きさに応じてレベル0~レベル10で点数をつける

2)目を閉じてリラックスする。ステップ1で選んだ問題が癒えることを心から願い、シンプルな祈りの言葉を唱える。

3)ハートのポジションから始める

4)ポジンションのまま制止するか、または手を回して骨の上で皮膚を動かす。回転の向きは左右どちらでもよい。10秒~15秒ごとに開店の方向を変える。

5)同じポジションを1分~3分保持する

6)時間が来たら次のポジションに移る(おでこのポジンション)

7)時間が来たら、次のポジションに移る(頭頂部のポジション)

8)3つのポジションを問題のレベルが1未満になるまで、1日に2~3回繰り返す。レベル1未満とは、全く気にならないレベルのこと

9)すぐに効果が出なくても心配しない

②プログラムを組みなおす魔法の言葉:精神のため

 人生のすべての問題は、次の4つの問題から生まれている。

・愛を感じるか、それとも恐怖を感じるかという問題

・自分に価値があると思うか、それともないと思うかという問題

・安心しているか、それとも不安を感じているかという問題

・信じる心か、それとも不健全なコントロールかという問題

③ハート・スクリーン:スピリチュアル(潜在意識)のため

 

欲求の4つの条件

①真実であること

②愛であること

③「究極の成功目標」と調和していること

④未来のことであること

 

〇目標の条件

①真実であること

②愛であること

③100%自分でコントロールできること

④今この瞬間に実現できること

 

 手順や詳しい説明は、ここでは全て書ききれませんが、例えば、エネルギー療法にあるような感じの手順が書かれています。潜在意識への働きかけは、いろいろなやり方があると思いますので、私もまずは知識と経験を拡げ、その中で自分に合ったものをチョイスしていこうと思います。

「潜在意識」を変えれば、すべてうまくいく

「潜在意識」を変えれば、すべてうまくいく

 

 f:id:mbabooks:20170504220259j:plain